スポーツ

軍隊ラグビー、フィジーが連覇 英国下す、陸自駐屯地で決勝戦

 国際防衛ラグビー競技会で連覇し、喜ぶフィジー代表=23日午後、千葉県船橋市の陸上自衛隊習志野駐屯地

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に合わせ、9カ国の軍隊と自衛隊のラグビーチームが対戦した「国際防衛ラグビー競技会」の決勝戦が23日、陸上自衛隊習志野駐屯地(千葉県船橋市)であり、前回優勝のフィジーが31対17で英国に勝利し、連覇した。

 競技会は、各国の相互理解や信頼関係を深めるのが目的で、今回が3回目。自衛隊は15日の初戦でフランスに敗れた。

 決勝戦は開始早々に英国が先制したが、その後はフィジーが押し気味に。激しいプレーが繰り広げられ、終了後は互いに健闘をたたえ合った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス