スポーツ

横審、優勝の御嶽海を高評価 両横綱には奮起求める

 横綱審議委員会の定例会合に臨む矢野弘典委員長(右から4人目)、日本相撲協会の八角理事長(左から3人目)ら=23日午後、東京都中央区

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都内で定例会合を開き、大相撲秋場所で2度目の優勝を果たした関脇御嶽海に高評価を与えた。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は大関昇進について「有言実行でやってほしい。貴景勝と並んで若手の先頭を走っている」と期待した。

 途中休場した鶴竜、白鵬の両横綱には「横綱の責任は重い。改めて自覚してほしい」と奮起を求めた。引退後に親方になるために必要な日本国籍を取得した白鵬については「恐らく相撲界で生きていくことになるのだと思う。先輩たちのいいところを見習っていってもらいたい」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス