スポーツ

ロッテ、福浦が引退試合 「幸せな野球人生」

 大量の紙吹雪が舞うなか、引退セレモニーで場内一周するロッテ・福浦=ZOZOマリン

 ロッテの福浦和也2軍打撃コーチ兼内野手(43)が23日、ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に出場して26年間の現役生活に別れを告げた。7番で先発して4打数無安打に終わったが、九回に指名打者を解除して慣れ親しんだ一塁の守備に就き、ライナーを好捕して試合を締めて球場を大いに沸かせた。試合後のセレモニーでは「たくさんの方に見送っていただき、幸せな野球人生でした」と感謝の言葉を並べた。

 昨年9月に通算2千安打を達成し、今年1月に引退を表明。今季はコーチ業の傍ら、選手として練習を重ねて引退試合で今季初の1軍出場。選手たちに背番号と同じ9度、胴上げされた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス