スポーツ

W杯、リーチ主将は控え組で調整 ラグビー日本代表、第2戦に向け

 アイルランド戦に向けて調整するリーチ=浜松市

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本代表は24日、アイルランドとの1次リーグA組第2戦(28日・静岡スタジアム)に向けて浜松市で午前9時半から約2時間半の練習を行った。報道陣に公開された冒頭15分では先発、控えとみられるグループに分かれてストレッチを行い、フランカーのリーチ主将が控え側の組で調整した。

 FW第3列は、20日のロシア戦で活躍したラブスカフニと姫野に加え、右肩を痛めた影響でメンバー外だったマフィが先発側に入った。春に脚の付け根を痛めたリーチはW杯ロシア戦で目立った活躍が少なく、後半30分に退いていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス