スポーツ

柔道、ベイカー茉秋が帰国 グランプリ3位「収穫あった」

 2016年リオデジャネイロ五輪柔道男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)が24日、3位で終えたグランプリ大会(GP)の開催地タシケントから成田空港に帰国し「優勝を目指していたので残念だが、接戦をものにできた試合もあり収穫のある大会だった」と語った。

 スウェーデン選手に敗れた準々決勝については「序盤に技ありを取られた後の気持ちの切り替えが甘かった。求めていた戦い方ができなかった」と課題を挙げた。

 11月には講道館杯、グランドスラム大阪と東京五輪出場に向けた重要な大会が続く。「(調子は)良くなってきている。しっかり勝ち切りたい」と意気込んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス