政治

首相、イランに建設的な役割要求 サウジ攻撃「深刻な懸念」

 会談前にイランのロウハニ大統領(右)と握手する安倍首相=24日、米ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は24日午前(日本時間25日未明)、イランのロウハニ大統領と米ニューヨークで会談した。首相はサウジアラビアの石油施設攻撃に触れ「深刻な事態となっていることを強く懸念している。地域の平和と安定へ建設的な役割を果たしてほしい」と述べ、中東地域の緊張緩和を求めた。ロウハニ師はホルムズ海峡の安全に向けた地域諸国参加の新構想に言及した。

 首相は25日にはトランプ米大統領との会談に臨む。米イラン双方との関係を生かし、外交による中東安定化に貢献したい意向だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス