スポーツ

女子ゴルフ選手、子ども病院慰問 仙台、渋野「頑張らなきゃ」

 宮城県立こども病院を慰問し、入院中の子どもからプレゼントされた折り紙を手に笑顔の渋野日向子(中央)と大江香織=25日午後、仙台市

 27日開幕の女子ゴルフ、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子に出場する渋野日向子、昨年覇者の大江香織ら6選手が25日、仙台市の宮城県立こども病院を慰問した。病棟で子供たちと交流した渋野は「こちらが元気づけられた。(プレーで)元気、笑顔になってくれるなら頑張らなきゃと思う」と語った。

 6選手は練習後に病院へ向かい、約1時間で72人と触れあった。小学生からプレゼントされた折り紙には「ゴルフ頑張ってね、僕は治療頑張る」などのメッセージがあったそうで、8月のメジャー優勝で一変した環境に悩みもあった渋野は「苦しんでいたことがしょうもないことだと思った」と感激した様子。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス