社会

青く輝く伊豆の海へ 新型特急「サフィール踊り子」公開 高級感たっぷり

公開されたJR東日本の観光列車「サフィール踊り子」=東京都港区で2019年12月16日午前9時20分、滝川大貴撮影

 JR東日本が来年3月14日から運行する新型観光特急「サフィール踊り子」が16日、東京・品川駅付近で報道陣に公開された。サフィールは、青く輝く伊豆の海と空のイメージから、宝石のサファイア(英語)をフランス語にし、外観も青が基調となっている。

 サフィール踊り子は、東京または新宿と静岡県の伊豆急下田を結ぶ。8両(定員164人)の全座席がグリーンか、さらに高級のプレミアムグリーンで、1日1~2往復する。

 JR東では初めてとなるプレミアムグリーン車は、1号車に20人分の座席を2列に配置。4人用と6人用のグリーン個室、グリーン車の計3種類の客室に加え、乗客の目の前で麺を調理するカフェテリアもある。東京―伊豆急下田の料金は、乗車券や特急券を含みプレミアムグリーンが大人1万1430円、グリーンは9110円。

 現在運行している「スーパービュー踊り子」は運転を取りやめる。【平井桂月】


(毎日新聞)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス