国際

英国旗3色浮かぶ「惜別のグランプラス」 離脱前夜、EU本部あるブリュッセル

英国のEU離脱を翌日に控え、ユニオンジャック(英国旗)に彩られたブリュッセルの大広場グランプラス=ブリュッセルで2020年1月30日午後7時19分、八田浩輔撮影

 英国の欧州連合(EU)離脱を翌日に控えた30日夜、EUが本部を置くブリュッセルの大広場グランプラスが、ユニオンジャック(英国旗)の3色にライトアップされた。

 約半世紀に及んだ英国とEUの歴史的な「別れ」を惜しむためブリュッセル市が企画した。世界遺産の大広場には、ロンドン名物の赤い電話ボックスや衛兵の人形なども設置。「欧州の首都はこれからも英国民を歓迎します」とメッセージを届けた。

 英国は1月31日午後11時(日本時間2月1日午前8時)にEUを離脱する。EU側では式典などは予定されていない。離脱後は関係機関に掲げられている英国旗が外され、一部は市内の「欧州歴史博物館」に所蔵される。【ブリュッセル八田浩輔】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス