国際

WHO 日韓伊イランに「最大の懸念」 パンデミック否定 新型コロナで

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は2日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大について、中国以外では日本、韓国、イタリア、イランの4カ国が「最大の懸念」と述べた。中国本土以外の感染者8739人の81%をこの4カ国で占めていることを理由に挙げた。

 テドロス氏は、パンデミック(世界的な大流行)にあたるかどうかに関し、累計の感染者の9割を中国が占め、日本など4カ国でも感染の広がりはクラスター(小規模な感染者の集団)レベルに限定されていると指摘。「データ上、パンデミックと呼べる状況になればWHOはためらうことなく宣言する。今はそうではない」と述べた。

 一方、WHOが派遣した専門家チームが2日、イランに入った。またフランス外務省などは2日、仏独英が合同で、総額500万ユーロ(約6億円)規模の支援をイランに提供すると発表。WHOなどを通じて検査キットやマスクを含む医療資材も搬入した。イランでは3日までに2336人が感染し、うち77人が死亡。死者数は中国に次いで多い。【パリ久野華代】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス