国際

11月のCOP26を延期 英政府、新型コロナ感染拡大受け

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、英政府は1日夜(日本時間2日午前)、11月に自国で開催する予定だった国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の第26回締約国会議(COP26)を延期すると発表した。世界で感染収束の見通しが立たない中、3万人近くの参加が見込まれる大規模な国際会議の開催は困難と判断した。

 COP26は英北部グラスゴーで11月9日から2週間にわたって開催予定だった。前年の会議で先送りされた気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」の実施指針に合意できるかが焦点の、重要な会合と位置付けられている。

 COPの延期は初めてで、英政府とUNFCCC事務局が協議で決めた。2021年中の開催を見込むが、時期の目安は立っておらず世界の感染状況を見極めながら調整する。

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う世界経済の悪化により、気候変動対策への関心や投資の機運がしぼむことが懸念されている。

 UNFCCCのエスピノサ事務局長は「新型コロナウイルスは人類が直面する最も緊急性の高い脅威だが、気候変動も長きにわたる最大の脅威であることを忘れてはならない」と指摘。各国が実施する景気刺激策に気候変動対策を盛り込むことに期待を込めた。【ブリュッセル八田浩輔】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス