社会

今なお不通の線路脇で今年も桜が咲きました 熊本地震から間もなく4年の南阿蘇

熊本地震から間もなく4年。南阿蘇鉄道長陽駅は今も不通区間だが、桜の名所として親しまれている。南阿蘇鉄道は2023年夏の全線再開を目指して復旧工事が進められている=熊本県南阿蘇村で2020年4月7日、津村豊和撮影

 2016年4月の熊本地震から間もなく4年。甚大な被害が出て不通となった区間にある南阿蘇鉄道の長陽駅(熊本県南阿蘇村)で、静寂の中、線路脇で約20本の桜が満開となっている。暖かな春の日差しを受け、菜の花とともに、ピンクと黄色の色鮮やかなコントラストを見せている。

 同線は全線17・7キロで、約6割にあたる立野―中松駅間が不通のまま。23年夏の全線運行再開を目指して復旧工事が続いている。

 付近の住民らが清掃を続ける駅舎は地震前の姿を保つ。駅前に住む女性は「駅と桜は地域のシンボルなので、大切にしていきたい」と話している。【津村豊和】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス