社会

台湾のマスク提供申し出に謝意 菅官房長官「全人類共通の脅威に対し連携」

菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は8日の記者会見で、台湾からマスク供与の申し出があることについて「台湾側から温かい支援の意向が示されていることに感謝の意を表明したい。マスクなどの支援・調達に関して、(対台湾窓口機関の)日本台湾交流協会などを通じてやり取りを進めていきたい」と謝意を示した。

 菅氏は会見で「新型コロナウイルスという全人類共通の脅威に対し、関係国・地域との連携協力を強化していく考えだ」と述べた。

 台湾はペルーからの邦人退避の際に台湾のチャーター機への同乗を認めた経緯もある。台湾の蔡英文総統は7日、自身のツイッターで「日本の皆さんへ」と題して「手を携えてこの闘いに勝ちましょう! 地震も、台風も、台日の協力で乗り越えてきました。だからこそ、勝ってまた会いましょう!」と日本語で呼びかけていた。【秋山信一】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス