社会

NGT訴訟で和解成立 ファンが賠償金支払い 48グループ出入り禁止 新潟地裁

裁判所=ゲッティ

 アイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)への暴行問題を巡り、運営会社のAKS=現・ヴァーナロッサム=が、暴行容疑で逮捕され不起訴になった男性ファン2人に3000万円の損害賠償を求めた訴訟が8日、新潟地裁(篠原礼裁判長)で和解した。男性側がAKS側に数百万円の賠償金を支払うなどの内容。AKS側代理人が明らかにした。

 AKS側代理人によると、他に、男性側が山口さんとのやりとりを一定程度認めて謝罪文を提出し陳謝▽NGT48を含むAKB48グループの名誉やイメージを損なう行為の禁止と、出演するイベントなどへの出入り禁止の同意――の2点で、男性側はすでに実施したという。

 訴訟で男性側は、男性が山口さんの承諾なしに自宅を訪ね、少なくともドアを引っ張り合う暴行をした▽事件後に「他のメンバーから、山口さんの部屋番号を聞いたりそそのかされたりして部屋に行った」という、事実と異なる発言をして混乱を招いた▽他のメンバーの関与は全くなかった――などを認めたという。AKS側代理人は、双方の主張が出尽くしたことや、裁判の長期化によるメンバーへの負担などを和解の理由に挙げ「男性の話を聞けたことで、少しでも真実に近づけた。公開の場での判決にならなかったことは申し訳ない」と話した。

 AKS側が2019年4月に提訴。7月の第1回口頭弁論以外は非公開の弁論準備で進められた。AKS側は「暴行問題で活動休止に追いこまれ、公演の中止などで1億円以上の被害を受けた」などと主張。男性側は「暴行はなかった」と争う意向だった。【露木陽介】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス