社会

東京都内で新たに197人の感染確認 4日連続で最多更新 新型コロナ

東京都庁=嶋野雅明撮影

 東京都は11日、新型コロナウイルスの感染者を新たに197人確認したと発表した。1日あたりの感染者数で最も多かった10日の189人を上回り、4日連続で最多を更新した。感染経路が分からず調査中なのはこのうち8割近い152人。都内の感染者は累計で1902人になった。

 都内では、1日あたりの感染者が4日に初めて100人を突破した。8日以降は140人を超える高い水準が続き、感染経路が分からないケースも高止まりする傾向にある。

 都営地下鉄の利用者数を見ると、朝のラッシュ時(4月6~9日)は1月中下旬との比較で5割減となるなど、都の外出自粛の呼びかけで都内の人の流れには一定の抑制効果が出ている。

 自粛要請の効果の検証には、潜伏期間などを考慮し2週間程度かかるとされる。ただ、小池百合子知事が外出自粛を強く呼びかけた後の初の週末(3月28、29日)から約2週間が過ぎても感染者増は続いている。小池知事は11日、「非常に逼迫(ひっぱく)した状況が続いている。『ステイホーム』(家に居て)を実践してほしい」とのコメントを発表した。【斎川瞳、南茂芽育】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス