社会

兵庫県警、神戸西署長と副署長が新型コロナ感染 一時交代の人事異動発令

兵庫県警本部=黒詰拓也撮影

 兵庫県警は13日、県警神戸西署(神戸市西区)の署長と副署長=いずれも警視=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。署内では既に別の幹部ら8人の感染が確認され、計10人になった。県警は13日付で署長と副署長を一時的に交代する人事異動を発令した。

 県警によると、交通官の警視が4月5日に発熱し、7日に感染が確認された。それ以降、署員324人中125人が自宅待機になっている。県警本部が応援の警察官を派遣し、一部の業務は屋外で続けている。

 署内では3月27日、感染した署長を含む幹部7人で、約2時間にわたり飲み会を開催。毎朝の会議も開くなどしていた。【春増翔太】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス