社会

それぞれの相手を思って感染予防「おもいやりマスク着用条例」制定 神奈川・大和

マスク=ゲッティ(写真はイメージです)

 神奈川県大和市は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マスクの着用を呼びかける「おもいやりマスク着用条例」を制定、施行した。罰則規定はない。

 条例は、市民がそれぞれ思いやりの心を持ち、マスクを着用することで感染予防に努めることを求めている。市は急を要する案件として、6月開催の5月臨時議会を待たずに同日に専決処分した。

 記者会見した大木哲市長は「感染拡大を防止する効果を発揮できる」と述べた。市の「広報やまと」などで条例を周知するほか、ホームページで簡易マスクの作り方についての動画を紹介するという。【長真一】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス