社会

大学AO入試や推薦入試「募集時期、遅らせる必要」 萩生田文科相見解

萩生田光一文部科学相=川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、萩生田光一文部科学相は17日の閣議後記者会見で、秋ごろに実施されるケースが多いアドミッション・オフィス(AO)入試と推薦入試について「募集の時期を遅らせる必要がある」との見解を示した。

 文科省はこれまで、今年度実施する入試について、AOの出願受け付けは9月1日以降、推薦は11月1日以降とする方針を示していた。これらの入試では、高校3年間の活動などを評価するが、感染拡大の影響で休校が長期化し、部活動の大会が実施できない地域も多いため、評価することが難しい状況になっている。【大久保昂】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス