社会

4月25日は「失語症の日」 午後1時から無料のオンラインイベント

4月25日「失語症の日」のロゴ。「425」の数字をかたどったキャラクターの口元がそれぞれ「し」「つ」「ご」になっている。

 脳卒中や事故などで言語に障害が出る「失語症」。コミュニケーションが思うようにできなくなる「見えない障害」について知ってもらおうと関連団体などが活動し、今年に入って4月25日が「失語症の日」に認定された。初めて迎える記念日の25日、無料オンラインイベントを開く。 https://peraichi.com/landing_pages/view/425 で午後1時から3時ごろまで。

 イベントは、「失語症の日制定委員会」が開催。自らも失語症を経験した三鷹高次脳機能障害研究所の関啓子所長とフリーアナウンサーで朗読家の沼尾ひろ子さんが録画で講演する。関さんは言語聴覚士、研究者としての経験を踏まえて発言。沼尾さんは発症時の気持ちや、言語ボイストレーニング指導など現在の活動について語る。

 NPO法人日本失語症協議会の園田尚美副理事長は「日本には推計50万人以上の失語症の人が暮らしている。障害によって普段でも情報が得にくい中、新型コロナウイルスの感染拡大で、さらに不安な思いで過ごしている人が多いのではないか。一人でも多くの人に動画を見てもらい、失語症に関心を持ってほしい」と願う。

 当日は歌手・八代亜紀さんからのメッセージと楽曲「だいじょうぶ」のミュージックビデオも流れる。当事者の男性が「記念日を盛り上げたい」と発案し、事務所を通じて応援を打診。八代さん側が快諾した。イベントは配信時間に限り、無料で閲覧できる。【岡本同世】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス