社会

ブランド服手掛ける縫製ベンチャーが医療用ガウン製造「職人の仕事を確保」

ミシンが置かれたヴァレイの工場で、「縫製職人も貢献できることに喜んでいる」と話す谷英希社長=奈良県上牧町で2020年4月20日、塩路佳子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で医療物資が不足する中、有名ブランドやオーダーメードの洋服を手掛ける奈良県上牧町の縫製会社「ヴァレイ」が国の要請を受けて医療用ガウンの生産に乗り出した。谷英希社長(30)は「地元のクリニックでも物資が足りないと聞いている。貢献できることはうれしい」と話し、6月末までに10万枚を納入する予定だ。【塩路佳子】

 谷社長によると、医療用ガウンの生産要請は4月上旬に経済産業省からあった。同社は従業員18人のベンチャー企業。子育てや介護などで離職した縫製職人が在宅で服作りを行うネットワーク(登録者約200人)を構築し、2019年に中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選ばれた。要請の背景には、そうした縁もあったとみられる。

 同省の担当者からは、ひっ迫する医療現場でガウンの代用として雨がっぱが使われている現状などが伝えられたといい、谷社長は「作ります」と快諾。16日には安倍晋三首相らとのテレビ会議にも参加した。

 製造するガウンは、医療従事者が検査時などに着用するもので、縫製作業には職人のネットワークを活用。同社は生地や型紙の手配のほか、裁断や検針、生産管理などを担う。谷社長は「職人の仕事を確保できたことも大きい。緊急事態宣言で卸し先が休業し、会社も急ブレーキ状態だった」と影響を語る。

 同社では、国の要請とは別に独自で医療用ガウンの代替品の生産も始めており、5月中ごろまでに約1万枚の完成を目指している。谷社長は「より多くの医療従事者に届けられれば」と思いを込める。

 ◇航空会社も協力表明

 医療用ガウンを巡っては、各種メーカーなどが製造に名乗りを上げる中、ANAホールディングス(東京都)も縫製への協力を表明。ヴァレイが技術指導する。新型コロナウイルスの影響で一時帰休になっている客室乗務員をはじめ、職種や性別を問わず希望者を募集。4月末から当面の間、1日最大約30人がボランティアで縫製作業に当たるという。


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス