社会

医療従事者へ感謝の青 岐阜城ライトアップ 5月6日まで

医療従事者に感謝を伝えるため、ブルーにライトアップされた岐阜城=岐阜市長楽橋付近で2020年4月28日午後7時3分、熊谷佐和子撮影

 岐阜市は28日夜から、同市金華山(標高329メートル)の山頂にある岐阜城をブルーにライトアップする取り組みを始めた。医療従事者への感謝の気持ちを表すためで、政府の緊急事態宣言の期間が終わる5月6日まで行われる見通し。

 青色のライトアップは3月26日に英国で始まった。同国の国民医療サービス(NHS)のシンボルカラーが青色だったことがきっかけとなり、取り組みが世界各地にも広がっている。

 山のふもとと城を結ぶ金華山ロープウェーは現在、運転を休止しており、登山口にも登山自粛を注意喚起する案内表示が設置されている。「登らなくても市内どこからでも見えるシンボルを青く照らすことで、一人一人がどう行動すべきか考えてほしい」(市の担当者)。日没から午後11時までライトアップされる。【熊谷佐和子】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス