社会

端午の節句前に張り子の虎作り 子どもの成長願い

武久守商店が作る張り子の虎=岡山県瀬戸内市で、平川義之撮影

 5月の端午の節句を前に男児の健やかな成長を願う「張り子の虎」の製作が、岡山県瀬戸内市の「武久守商店」で進められている。

 張り子は、紙を水でとかしたものを虎の形に成形、天日干しで乾かすなどした後、顔や胴体に模様を描き入れる。サイズは計14種類あり、長さ約15センチの小さなものから約95センチのものまで作っている。

 同社の武久忠社長(61)は「新型コロナウイルスの感染拡大で大変な状況が続いているが、小さな子どもが元気に育ってくれればと願いを込めて作った」と話している。【平川義之】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス