社会

「原爆の図丸木美術館」が経営危機、ウェブ募金 コロナで長期休館

原爆の図丸木美術館に展示されている「原爆の図」。岡村幸宣学芸員は「存続に向けて力を貸してほしい」と話す=埼玉県東松山市で2020年5月13日午後3時38分、成澤隼人撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、「原爆の図」を所蔵する埼玉県東松山市の「原爆の図丸木美術館」が経営危機に直面している。私設美術館として開設された同館に自治体や企業からの定期的な助成はなく、開館以来初めての長期休館で収入がなくなった上、老朽化が進んだ施設の改修計画もストップしている。同館は運営資金を募るウェブサイトを開設し、支援を呼び掛けている。

 同美術館は画家の丸木位里(いり)(1901~95年)・俊(とし)(1912~2000年)夫妻が67年に開館し、翌年から財団法人(現在は公益財団法人)が運営している。原爆投下後の広島の惨状を目の当たりにし、夫妻が共同制作した全15点の連作「原爆の図」のうち、14点を展示。戦争の記憶を伝える貴重な作品として国内外で巡回展も開かれてきた。

 同館の運営には人件費を含め年間約2500万円が必要になるものの、4月9日からの休館で団体予約などが全て取りやめになり、入館料収入がなくなった。最近の収益はほぼゼロに近いという。

 また、開館から半世紀以上が経過し、「原爆の図」は虫害の影響で劣化が進んでいる。気温・湿度を管理できる施設を整備しようと、同館は2017年に「原爆の図保存基金」を設立し、これまで1億円を超える寄付を集めていた。5月5日の開館記念日に合わせ、建物の一部木造化など、総事業費約3億円の改修プランを発表する予定だったが、感染拡大により中止を余儀なくされた。

 緊急募金を4月末から始めたところ、全国から徐々に善意が集まり始め、「貴重な美術館を途絶えさせないでほしい」といった応援の声も多く寄せられているという。同館の岡村幸宣学芸員は「多くの人に支えられ、この美術館は続いてきた。命の尊さを考える場所を守るために力を貸してほしい」と話す。

 同館の緊急募金サイト(https://congrant.com/project/marukigallery/1587)で5月末まで寄付を募る予定。クレジットカード決済や銀行振り込みが利用できる。【成澤隼人】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス