国際

トランプ氏、治験段階の薬を服用して予防効果アピール FDAは副作用警告

共同記者会見で質問に答えるドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルスの治療に有効と主張してきた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について「私も1週間半前から服用している」と明らかにした。自らの新型コロナへの感染を否定した上で、予防薬としての効果もアピールした。しかし政権に近いメディアが服用について注意を促すなど、この薬は治験段階にとどまり、医療関係者の評価も割れている。

 トランプ氏はホワイトハウスの主治医に問い合わせたところ「飲みたいのならば」との返答を得て、毎日服用しているという。初回は抗生物質アジスロマイシンとともに、その後は亜鉛と併用していると語った。

 さらに「今のところ何の問題も起きていない。私の体調が悪化することはない」「前線で働く多くの医療関係者も予防的に服用している」と述べた。

 抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンとクロロキンは、新型コロナの治療に効果があるとも言われる。

 トランプ氏は即時に服用可能になれば「ゲームチェンジャー(状況を一変させる存在)になる」と主張。18日には医師から受け取った手紙を紹介し「300人以上の患者に投与したが、一人も亡くなっていない」と書かれていたと言明した。予防薬として服用を認めても「何も失うものはない」と効果を強調した。

 一方で米国では抗マラリア薬を感染予防薬として認めることへの慎重論も根強い。米食品医薬品局(FDA)は4月「心臓に深刻な副作用を起こす可能性がある」と警告した。

 トランプ氏の発言直後、親政権のFOXニュースでさえキャスターが「心臓や気管支に疾患を抱えていたら、この薬はあなたを殺すかもしれない。大統領が大丈夫と言ったからといって、軽い気持ちで捉えないで」と視聴者に訴えた。

 トランプ氏が4月に新型コロナ予防法として「消毒液の体内注射」に言及した後には、各地で当局への問い合わせや誤用の報告が相次いだ。今回もトランプ氏支持者を中心に、抗マラリア薬の摂取が広がる可能性がありそうだ。【ワシントン高本耕太】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス