政治

森法相「検察幹部の定年延長基準、早く示したい」

森雅子法相=川田雅浩撮影

 今国会での成立が見送られた検察庁法改正案を巡り、森雅子法相は19日の閣議後の記者会見で、検事総長や検事長ら検察幹部の定年を延長する際の基準について「できるだけ早く示したい」と述べ、法務省として基準づくりに着手する考えを示した。

 改正案は特例で「内閣が定める事由がある」場合には、検察幹部の定年を最長3年延長できると規定。野党側は、具体的な適用基準を示すよう求めている。

 森法相は国会審議を踏まえ、「『内閣が恣意(しい)的に運用する』との疑念を解消できるような具体的な基準をつくりたい」と述べた。【村上尊一】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス