社会

ゴーン被告逃亡手助けの疑い 元グリーンベレーと息子を逮捕 米当局

日本メディアの代表取材に応じるカルロス・ゴーン被告=ベイルートで2020年1月10日午前11時50分ごろ(代表撮影)

 ロイター通信は20日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の不法出国に関与したとして米国籍の男2人を米当局が逮捕したと報じた。

 2人は元米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」隊員のマイケル・テイラーと、息子のピーター・テイラーの両容疑者。ゴーン被告が日本で公判を受けるのを免れるため、レバノンに逃亡するのを手助けしたとしている。

 東京地検は今年1月に犯人隠避と入管法違反ほう助の両容疑で逮捕状を取得し、2人の行方を追っていた。逮捕状の容疑によると、マイケル容疑者らは、前会長が海外渡航を禁止されていることを知りながら、2019年12月29日午後1時ごろから同11時ごろ、前会長を箱の中に隠して保安検査場を通過させるなどし、前会長は同日午後11時ごろ、関西国際空港からプライベートジェット機で不法に出国したとしている。【川上珠実】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス