社会

お待たせ「ひこにゃん」3カ月ぶりに登場 彦根城で人との距離保ち 滋賀

手を広げて「これくらいのソーシャルディスタンスお願いします」とアピールするひこにゃん=滋賀県彦根市金亀町で2020年5月23日午後1時28分、伊藤信司撮影

 みなさん、お待たせしました――。滋賀県彦根市の人気ゆるキャラ「ひこにゃん」が23日、約3カ月ぶりにファンの前に現れた。新型コロナウイルス対策で公開を中止していた国宝・彦根城(彦根市金亀町)が天守などを除いて入場再開したのに合わせて登場した。入場者にはマスク着用などが求められたが、訪れた人は久々の城内散歩を楽しんでいた。

 ひこにゃんは、城の東側にある大名庭園「玄宮園」に午前10時半、午後1時、同3時の3回にわたって登場。密集を避けるため、池を挟んで来場者と対面する形にした。

 歓声の中、登場したひこにゃんは、「鳳翔台」と呼ばれる高台から橋の真ん中に進み、岸辺のファンに手を振ったり、おじきをしたりして愛嬌(あいきょう)をふりまいた。両手を広げて「ソーシャルディスタンス」をアピールするような場面もあった。

 ベトナムから彦根城近くの滋賀県立大大学院に留学中のレーミン・ハオさん(28)も友人とひこにゃんに会いに来た。「好天にも恵まれ、日本の初夏が戻ってきたようでうれしい」と話していた。

 ひこにゃんは普段、彦根城などに登場して観光客らとふれあってきたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2月27日から出演を停止。その後も出演再開が延び延びになっていた。今後も随時登場する。【伊藤信司】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス