国際

安倍首相、6月の訪露を見送りへ G7サミットとの両立難しいと判断

安倍晋三首相=竹内幹撮影

 安倍晋三首相は29日、ロシアで6月24日に開かれる対独戦勝記念式典への出席を見送る調整に入った。米国が同25、26両日を軸にした主要7カ国首脳会議(G7サミット)の開催を日本側に打診しており、両立は難しいと判断した。ロシアは当初、5月9日に式典を実施する予定で、首相を招待していた。新型コロナウイルス感染拡大でいったん延期したが、プーチン大統領が5月26日に6月開催を発表していた。

 一方の米国も、感染防止のためテレビ会議の予定だったG7サミットを、6月に首都ワシントンで対面形式で開く方針を発表。感染防止の観点からも双方に出席するのは難しく、政府関係者は「G7とロシア訪問がほぼ同時ならG7を優先せざるを得ない」と話した。【田所柳子】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス