社会

「完売するまで閉めない」洋菓子店が閉店 奈良市の「にこにこ庵」

支えてくれた顧客への感謝を語る店主の木村洋司さん=奈良市東紀寺町で、高橋智子撮影

 「完売するまで店を閉めない洋菓子店」として話題となった奈良市東紀寺町の「にこにこ庵」が31日で閉店する。店主の木村洋司さん(56)が4月上旬にツイッターで予告すると、1000件を超える反響や閉店を惜しむメッセージが寄せられた。

 木村さんは15年前、「お客様に笑顔でケーキを食べてほしい」と「にこにこ庵」をオープン。ケーキが売れ残ると「食べられるケーキを捨てるのはもったいない」と、深夜や朝まで店を開けて販売するようになった。すると夕方以降に「今、何がある?」と問い合わせの電話が増え、10年ほど前からツイッターでケーキの残数を発信し始めた。

 「にこにこ庵」のツイッターはフォロワーと木村さんの交流の場となった。「今日は終了しました」と発信すれば「お疲れ様です」「ゆっくり休んでくださいね」など、温かいメッセージが返ってきた。木村さんは「いつも気に掛けてもらい、励まされた」と感謝する。

 一方、理想とするケーキ作りに体力が追いつかなくなり、家族との時間も確保しようと、店を畳むことを決意した。「経営者としては反省点が多かった。でも職人目線で納得のいくケーキ作りを大切にしたかった」

 誕生日ケーキを受け取りに訪れた常連客の薮田幸子さん(61)は10年来、家族の誕生日を同店のケーキで祝うのが恒例だったという。「『いつも遅くまで頑張っているおっちゃん、体大丈夫かな』と家族で心配していた。(閉店は)寂しい」と惜しんだ。

 閉店後、木村さんは同市高畑町のケーキ店で職人として働くことが決まっている。「一から勉強し直す気持ちで精いっぱいやりたい。死ぬまでケーキ職人であれたら幸せ。これからは家族との時間を大切に、妻の夢だったヨーロッパへの家族旅行もかなえたい」と、すっきりした表情を見せた。【高橋智子】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス