社会

地域復興へ高校生だけのNPO法人設立 夏祭り運営や防犯啓発 松江

設立総会で事業計画などについて説明する藤原理事長(左)=松江市浜乃木7で2020年5月30日午後2時15分、前田葵撮影

 中高生の地域貢献などで地域課題の解決に取り組むため、松江市立湖南中の卒業生が中心となる高校生だけのNPO法人「KEYS」(キーズ)が30日、設立された。希薄になっていく地域関係に危機感を抱き、松江北高2年の藤原睦己さん(16)を中心に同級生ら12人で動き出した。

 NPOは湖南中校区の乃木、忌部地区に住む、松江北高など市内4校の1、2年生で構成。相談役として吉金隆市議が顧問に就く。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が読めない面はあるが、主に週末を利用して湖南中生徒会と連携し、地域の夏祭り運営や文化祭での防犯啓発に取り組む。活動資金は地区からの寄付で賄う予定。

 藤原さんは地域住民と話す中で、自治会加入率の低下などの課題に気付いたという。対外的な信用を得られるようNPO法人を設立することにした。藤原さんは「自分を育ててくれた地域への恩返しになれば」と話している。【前田葵】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス