国際

「自由な台湾が香港の自由を支える」蔡総統が支援呼びかけ 天安門事件31年

2019年6月4日にあった天安門事件の追悼集会は、ろうそくを手にした大勢の市民で埋まった=香港中心部のビクトリア公園で、福岡静哉撮影

 中国当局が民主化を求める学生らを武力鎮圧した天安門事件(1989年)から31年となる4日夜、台北の大学などで犠牲者の追悼集会が開かれた。中国の習近平指導部が統一を目指す台湾も、香港と同様に中国共産党からの圧力に直面している。中国が香港への統制を強める中、犠牲者の追悼や民主化運動の中心は、少しずつ台湾に比重が移りつつある。

 台湾の蔡英文総統は4日、自身のフェイスブックで「自由な台湾が、香港の自由を支える」と香港への支援を呼びかけた。台湾各地で追悼集会が開かれ、台北市の台湾大でも「香港に再び栄光を」と題した集会を開催。学生らが「中国と香港に自由を」などと訴えた。習指導部が香港や台湾への強硬姿勢を鮮明にするほど、台湾と香港の民主派の連帯は強まっている。

 香港では天安門事件の元学生リーダーや民主活動家らが入境を拒まれる事態が続き、今年は大規模な追悼集会が初めて禁止された。集会会場となってきた中心部のビクトリア公園は立ち入りが禁じられた。しかし大勢の市民が敷地に立ち入り、集会を強行。香港メディアによると、公園周辺に集まった群衆と合わせ、約1万人の市民がロウソクを手に取り、事件の犠牲者を追悼した。他の場所でも市民が追悼集会を開いた。

 一方、米国のポンペオ国務長官は2日、天安門事件の元学生リーダー、王丹氏(51)ら4人の民主活動家と会談した。米国務省は3日に声明を発表し「民主主義と人権、腐敗のない社会を求めた勇気ある人々だ」と事件の犠牲者をたたえ、中国共産党を「極めて残忍だ」と批判した。【台北・福岡静哉】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス