社会

仲邑菫初段が王座戦予選で連勝 今年の成績は8勝10敗に

 囲碁の現役最年少で小学生棋士の仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(11)は18日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打った第69期王座戦予選で佐野貴詔(たかつぐ)八段(54)に141手で黒番中押し勝ちし、予選2連勝とした。

 新型コロナウイルスによる対局中断のため、仲邑が公式戦を打つのはネット対局だった4月6日以来73日ぶり。対面では77日ぶりで、今年の成績は8勝10敗となった。仲邑は「久々の対局でしたが、いつも通り打つことができました。次の対局も頑張ります」と話した。【新土居仁昌】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス