社会

京アニが「現地追悼」自粛要請 放火事件発生1年の18日 ファンに動画配信

解体工事を終え更地になった京都アニメーション第1スタジオ=京都市伏見区で2020年4月28日午後0時52分、本社ヘリから

 京都アニメーション(京都府宇治市)は3日、36人が命を奪われた放火殺人事件から18日で1年となるのを前に、現場となった第1スタジオ(京都市伏見区)の跡地周辺での「現地追悼」を控えてもらうよう、公式ホームページ(HP)で発表した。新型コロナウイルスの感染防止が理由という。近隣住民への配慮を呼び掛け、香典や供花、供物も辞退するとしている。

 発表では「昨今の新型感染症に関わる情勢に鑑み、大勢の皆さまが集まる場を設けることは避けるべきだと判断した」などと説明。18日午前10時半から10分間、動画投稿サイト「ユーチューブ」の京アニ公式チャンネルで「追悼のための映像」を配信し、終日閲覧できるようにするという。

 第1スタジオは地域住民への配慮などから2020年4月末までに解体撤去された。【南陽子】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス