社会

6月に出現、謎の白い球体は「所有者、目的不明」 宮城県危機対策課が結論

17日に県の上空を飛んだ白い球体=仙台市天文台提供

 6月17日に宮城県の上空に浮かんでいる目撃情報が相次いだ白い気球のような球体について、宮城県危機対策課は一連の対応をまとめ「所有者・目的などは不明」と結論付けた。

 同課は球体に十字形の部品や2基のプロペラが付属していることを確認。しかし、3000メートル以上の上空に浮かんでおりヘリコプターによる接近は不可能で、県警や陸上自衛隊、仙台管区気象台や仙台空港事務所など各機関に問い合わせても情報は得られなかったという。県は同日午前8時20分に仙台市からの通報で覚知。県南部の蔵王町や村田町、名取市の上空で目撃証言を得た。県の上空を外れ、落下物も確認されなかったことから午後5時に対応を終了した。

 球体を巡っては、村井嘉浩知事が同29日の定例会見で「非常に気味が悪かった。危機管理の意識から看過できない問題だ」として、「今後同じようなことが起これば、国に対して(対応を)要望したい」と話した。【滝沢一誠】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス