社会

藤井聡太七段が開幕から2連勝 橋本崇載八段破る 名人戦順位戦B級2組

将棋の藤井聡太七段

 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(17)が6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第79期名人戦順位戦B級2組2回戦で橋本崇載八段(37)に85手で勝ち、開幕から2連勝とした。藤井が先手番で矢倉になり、午後になってすぐに仕掛けた。「激しい展開になったが、低い陣形が生きてある程度成功していたのかなと感じた」と藤井。攻めが続いて、優勢とし、順位戦としては早い時間に勝ち切った。

 藤井は渡辺明棋聖(36)に挑戦する棋聖戦五番勝負で2勝し、木村一基王位(47)に挑戦する王位戦七番勝負でも1勝を挙げており、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)の更新がかかっている。

 B級2組には25人が在籍、来年3月まで各自10局対局して上位3人がB級1組へ昇級する。【山村英樹】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス