社会

小笠原諸島・西之島の噴煙 父島からも確認 「新しい島の誕生、実感できた」撮影者

 6月中旬から火山活動が活発化している小笠原諸島・西之島(東京都)から上がる噴煙が、東に約130キロ離れた同諸島の父島からも確認された。6月26日から7月5日にかけ、父島在住の写真家・MANA野元学さんが撮影に成功した。気象庁は4日、火山活動で面積が広がった2013年以降最も高い8300メートルの噴煙を確認。父島の展望台「ウエザーステーション」では翌5日の早朝、噴煙が明け方の空に浮かんで見えたという。

 気象庁によると、5日午前9時ごろの噴煙の高さは4700メートル。野元さんによると、父島では西之島の火山活動が活発化してから時折、風向きによって雷のようなゴロゴロという音も聞こえるという。今回、噴煙がはっきり見え「新しい島の誕生をより強く実感できた」と話す。

 気象庁の気象衛星「ひまわり」による観測では、西之島付近は周囲と比べて海面水温の高い状態が続いており、今後も火山活動に伴う溶岩や噴石によって西之島の陸地の拡大が継続する見込みという。【荒木涼子】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス