社会

藤井聡太七段が棋聖奪取 最年少タイトル獲得記録更新、17歳11カ月

ヒューリック杯棋聖戦第4局で、渡辺明棋聖(右)を破って最年少でタイトルを獲得し、対戦を振り返る藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館で2020年7月16日午後(代表撮影)

 将棋の第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)第4局が16日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、午後7時11分、高校生の挑戦者、藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(36)に110手で勝ち、3勝1敗で初タイトルとなる棋聖を奪取した。17歳11カ月での獲得で、屋敷伸之九段(48)が1990年に第56期棋聖戦で打ち立てた最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を30年ぶりに塗り替えた。また、愛知県在住棋士のタイトル獲得は初めて。

 2016年10月に史上最年少の14歳2カ月でプロ棋士になった藤井は、いきなりデビュー戦から29連勝の新記録を樹立。その後も一般棋戦の優勝や昇段スピードなどで次々と最年少記録を更新し、タイトル獲得も初挑戦で成し遂げた。

 藤井は棋聖戦と並行して第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)で木村一基王位(47)に挑戦し、開幕から2連勝中。あと2勝すれば一気に2冠となる。

 一方、渡辺は王将、棋王の2冠に後退した。渡辺は第78期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)で豊島将之名人(30)に挑戦中で、1勝2敗で迎える第4局は27、28日に指される。

 藤井新棋聖は愛知県瀬戸市出身。12年、杉本昌隆八段門下で関西奨励会に入会。16年10月、三段リーグを1期抜けして史上5人目の中学生棋士となる。18年に朝日杯将棋オープン戦と新人王戦優勝、19年に朝日杯を連覇して棋戦優勝は計3回。名人戦順位戦はB級2組に在籍。【新土居仁昌】

 ◇責任ある立場、より一層精進

 藤井聡太新棋聖の話 タイトルを獲得できたのは非常にうれしい。責任ある立場になるので、より一層精進して、いい将棋を指せるようにしたいと思います。


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス