社会

座間9人殺害、白石隆浩被告に死刑を求刑 判決は12月15日の予定

座間事件の審理が続く東京地裁立川支部=東京都立川市緑町で2020年10月12日午後0時半、林田奈々撮影

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)に対し、検察側は26日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた裁判員裁判で死刑を求刑した。

 起訴状などによると、白石被告は17年8~10月、ツイッターなどで自殺願望をほのめかした15~26歳の男女9人をアパートの自室に誘い、女性8人には性的暴行したうえ、9人全員をロープで首を絞めて殺害したなどとされる。判決は12月15日の予定。【林田奈々、安達恒太郎】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス