国際

中国外務省副報道局長が豪軍兵士の画像掲載 豪政府、削除を要求

=ゲッティ

 中国外務省の趙立堅(ちょうりつけん)副報道局長が11月30日、自身のツイッターアカウントで、オーストラリア軍兵士がアフガニスタンの子どもの首にナイフを突き付けて笑っているような画像を掲載し、豪政府が強く反発している。モリソン豪首相は画像の削除と謝罪を中国外務省に求めている。

 趙氏は画像に「豪軍によるアフガン市民殺害に衝撃を受け、強く非難する」とのメッセージを添えた。豪軍が19日、アフガンに派遣されていた兵士が民間人らを違法に殺害していたことを認める調査報告書を発表したことを受けたものとみられる。

 豪メディアによると、モリソン首相は30日、「虚偽の画像であり、いかなる理由でも正当化されない言語道断な行為だ」と画像掲載を批判したうえで、中国側の謝罪を要求。アフガンでの事件については「透明性を持って対処する。それが自由で民主的な国のやり方だ」と述べた。

 これに対し、中国外務省の華春瑩(かしゅんえい)報道局長は30日の定例記者会見で、「同僚個人のアカウントだ」と述べ、「謝罪は豪政府がアフガン市民に向けてすべきものだ」と謝罪を拒否した。画像についても「インターネット上で流通しているもので、誰がつくったかは分からない」と説明した。【北京・米村耕一】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス