政治

安倍前首相を不起訴処分 秘書は略式起訴 「桜」前夜祭費用問題

警護されながら国会を出る安倍晋三前首相=2020年12月4日午後3時14分、竹内幹撮影

 安倍晋三前首相(66)の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、公職選挙法違反と政治資金規正法違反の両容疑で告発されていた安倍氏について、東京地検特捜部は24日、いずれの容疑も不起訴処分とした。

 一方、配川博之・公設第1秘書(61)に関しては、前夜祭の収入や支出計約3000万円を収支報告書に記載しなかったとして、政治資金規正法違反(不記載)で略式起訴した。【志村一也】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス