社会

広がる青の世界 120万本のネモフィラ見ごろ 福岡・海の中道

丘一面に咲くネモフィラ=福岡市東区の海の中道海浜公園で2021年4月7日、平川義之撮影

 福岡市東区の「海の中道海浜公園」で、北米原産の一年草「ネモフィラ」の花が見ごろを迎え、来園者を楽しませている。直径2~3センチの薄青色の花びらが特徴。公園内の「花の丘」(約1・2ヘクタール)に約120万本が咲き誇り、一帯を青く染める。

 例年4月は15万人以上の来園者でにぎわうが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月8日~5月18日、臨時休園を余儀なくされた。「今年は感染対策を実施して開園しているのでぜひ見に来てほしい」と担当者。見ごろは4月下旬まで。【平川義之】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス