国際

バイデン氏、就任後初のゴルフ 「コースレコードは破られず」

ゴルフを終えて車両に向かうバイデン米大統領=2021年4月17日、AP

 バイデン米大統領(78)は17日、自宅のある東部デラウェア州のゴルフ場で親族らとプレーした。バイデン氏がコースを回るのは、1月の大統領就任後初めて。新型コロナウイルスの感染リスクを考慮して人との接触を控えてきたが、米国内でのワクチン接種が計2億回を超え、感染拡大に歯止めがかかるとの期待感が広がっていることもあり、久々に趣味を楽しんだようだ。

 ホワイトハウスによると、バイデン氏はリケッティ大統領顧問や、長男である故ボー氏の義父と共にラウンドした。プレー後には記者団に「コースレコードは破られなかったよ」と冗談を飛ばした。

 米メディアによると、バイデン氏はかつてゴルフに熱中し、副大統領在任中(2009~17年)も頻繁にプレー。16日の菅義偉首相との共同記者会見でも男子ゴルフのメジャー大会、マスターズ・トーナメントでの松山英樹選手の初優勝に触れ、「日本におめでとうと言いたい」と述べた。

 トランプ前大統領(74)は新型コロナの感染拡大が続く中でも頻繁にゴルフに興じていた。【ワシントン秋山信一】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス