芸能・文化

「おかあさんといっしょ」あつこお姉さん卒業 新任にながたまやさん

卒業する21代目「歌のお姉さん」の小野あつこさん=NHK提供

 NHKは16日、Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」の「歌のお姉さん」が、現在の小野あつこさんから、ながたまやさんに交代すると発表した。「歌のお兄さん」の花田ゆういちろうさんは引き続き出演する。

 小野さんは2016年4月から6年間、21代目の「歌のお姉さん」として出演している。4月2日の放送で新旧のおねえさんがバトンタッチすることを報告し、同4日から新体制での放送が始まる。

 16日にオンラインで記者会見した小野さんは新型コロナウイルス禍で子どもと一緒にスタジオ収録ができなくなっている現状に触れ、「子どもたちと会えない期間も『元気が届きますように』という思いでやってきた。(コロナ禍でも)日々変わらない番組を届けようと、みんなで試行錯誤しながら収録してきたが、そんな強い思いを持ったみなさまと一緒にお仕事させていただいたことは私の人生の宝物」と振り返った。今後も子ども向けの歌の活動を続ける意向で「興味のある栄養の勉強もしながら、活動の幅も広げていきたい」と話した。

 22代目の「歌のお姉さん」のながたさんは静岡県出身。東京都内の音大の声楽専攻で、今春卒業見込み。5歳からミュージカルなど歌やダンスの舞台に出演した経験がある。16日の会見で「小さい頃から歌のお姉さんになるのが夢だった。お友達と直接会うのが難しい今だからこそ、歌い継がれてきた歌やこれから出会うすてきな歌を一緒に歌い、笑顔あふれる時間にしたい」と意気込んだ。

 この日は、番組のリニューアルに合わせ、人形劇「ガラピコぷ~」が3月末で終了し、新人形劇は「ファンターネ!」が始まることも発表された。メインキャラクターはかっぱの女の子の「みもも」、ひょうたんの子ども「やころ」、ライオンの男の子「ルチータ」。想像上の生き物や妖怪、性別のない植物、動物など、あらゆる種族が一緒に暮らす「ファンターネ島」を舞台に、育った場所や環境、見た目、考え方も違うキャラクターたちが互いの個性を認め合いながら毎日を過ごす設定で、「可能性と多様性」がテーマという。

 新年度から番組の再放送の放送開始時間が、現在の午後4時台から同6時に繰り下がる。NHKによると、共働き世帯の増加を受け、保育園の子どもの帰宅時間後に合わせるのが狙いという。【稲垣衆史】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス