スポーツ

村田、重圧耐えた4年間 プロ13戦目初黒星

【アッサン・エンダム−村田諒太】アッサン・エンダム(左奥)に判定負けし、ぼうぜんとする村田諒太(中央)=東京・有明コロシアムで2017年5月20日、手塚耕一郎撮影

 五輪ボクシング・日本選手メダリストで初の世界チャンピオンは誕生しなかった。2012年ロンドン五輪男子ミドル級金メダリストで、世界ボクシング協会(WBA)同級2位の村田諒太選手(31)=帝拳=は20日、東京・有明コロシアムで行われた同級1位のアッサン・エンダム選手(33)=フランス=との王座決定戦に判定で敗れた。試合後、村田選手は「多くの人に支えてもらって『もう一回(世界戦を)やる』なんて無責任なことは言えない。少し気持ちの整理が必要」と正直な胸の内を明かした。

 村田選手はプロ転向後の4年間、重圧と闘い続けた。「デビュー当初から世界王者の扱いだった」と所属ジムの浜田剛史代表が振り返るように、村田選手は13年8月のプロデビュー戦から常に注目された。中継するフジテレビは五輪金メダリストの村田選手のデビューに合わせて、同年からボクシングの「ゴールデンタイム」放映を21年ぶりに復活させたほど。待ち望まれた今回の世界戦は、中継局以外のテレビ局も大きく取り上げるなど、異例の態勢が敷かれていた。

 周囲の関心の高さに村田選手自身は「僕っていうのは村田諒太でしかない。ただ、どこか他人のように自分を見ているところがある」と客観視する一方で「金メダリストのプレッシャーはかかる」と話していた。この日の観衆は約1万1000人。試合は終始攻勢をかけているように見えたが、ジャッジの支持は得られなかった。判定結果がアナウンスされると、会場はどよめきが止まらず、結果を受け止めきれない様子だった。【岩壁峻】


(毎日新聞)