社会

仏で日本アニメ100周年記念展示

ジャパンエキスポの発表会に登場した(左から)ピカチュウ、トマ・シルデさん、丸山正雄さん、うみくん

 フランス・パリで7月6〜9日に開かれる日本アニメの祭典「第18回Japan Expo」(ジャパンエキスポ)の発表が24日、東京都内であった。今年は、日本アニメ100周年を記念し、アニメーションプロデューサーの丸山正雄さんが名誉顧問に就任し、日本の歴代アニメのうちから100作品を選んで展示する特別企画「Anime100」(アニメ・サン)を実施する。

 アニメ・サンでは、特別招待ゲストとして、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の神山健治監督や、「ユーリ!!! on ICE」の山本沙代・アニメーション監督、「宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち」の羽原信義・アニメーション監督ら丸山さんを含め計12人のクリエーターが登場。日本のアーティスト13組も出演する。

 この他、会場では、ポケットモンスターの長編劇場版アニメ20作目「劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」の先行試写会や、実写版「鋼の錬金術師」の予告編上映、ミュージカル「刀剣乱舞」、鉄拳のお笑いショーなどが繰り広げられる。

 発表会では、出演ゲストでもあるシンガー・ソングライターでユーチューバ−のUMI☆KUUN(うみくぅん)が司会を務め、丸山さんや、ジャパンエキスポ創設者の一人、トマ・シルデさんが登場。ゲストキャラクターのピカチュウやこねこのチーも会場に駆けつけた。シルデさんは「(日本で発表できるとは)10年前には想像できなかった。フェスティバルが成長するにつれフランス全土からヨーロッパ中から日本の文化に少しでも触れようと来場する。19年には創立20周年を迎える。みなさんとフェスティバルで会えることを楽しみにしています」とあいさつした。【兵頭和行】


(毎日新聞)