社会

ドラキュラや海賊 バス・タクシーもハロウィーン

ドラキュラや海賊の装飾で乗客を楽しませてくれるハロウィーンタクシー=福岡市南区で2018年10月22日午前10時46分、上入来尚撮影

 車内外を派手に飾り付けたハロウィーン仕様のタクシーやバスが福岡市内を快走し、写真共有アプリ「インスタグラム」などSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上でも話題になっている。

 ラッキー自動車(南区)は31日まで市中心部でタクシー3台を運行中。「ドラキュラ」は黒色タクシーをオレンジ色に塗装し、助手席に骸骨の人形を乗せるなど恐怖感漂う印象に仕上げた。他に海賊をイメージした「パイレーツ」、米国の左ハンドル車をアレンジした大型の「アメリカンポリス」があり、いずれも通常のタクシー運賃で乗れる。

 運転手も車に合わせて仮装し、後部座席には記念撮影用のグッズも。新人運転手の西井尚人さん(32)は「遠くからでも見つけやすいのか、手を上げてくださるお客さんが多い」と笑顔だ。

 西鉄バス片江自動車営業所(城南区)は路線バス1台を紫やオレンジ色に装飾した。車内は天井からカボチャ形の紙製ランタンがつり下がり、窓枠や手すり、つり輪もマスキングテープなどでデコレーション。運転士らが近くの100円ショップでグッズを調達し、一つ一つ飾り付けた。1台しかないため、偶然乗り合わせた乗客が「ラッキー」などとSNSに投稿している。

 助役兼運転士の冨安信之さん(36)は「SNSの反応や、バスを見て乗りたがる子どもの表情がうれしく、お客様との距離も近づいたようです」。【青木絵美】


(毎日新聞)