社会

米軍横田基地、燃料など流出事故134件 日本側に通報3件のみ 内部資料800枚入手

米国側への情報公開請求で開示された約800枚の開示資料=東京都千代田区で2019年6月21日午後3時2分、内藤絵美撮影

 毎日新聞は米国の情報公開制度を使って、在日米軍司令部がある米軍横田基地(東京都福生市など)から航空機のジェット燃料などが流出した事故に関わる内部資料約800枚を入手した。資料から2010~17年に流出事故が少なくとも134件起きていたことが判明した。

 この間に日本政府に通報されたのは3件のみ。このうち1件の流出事故を受けて、東京都と周辺自治体が流出事故が起きた際の通報を求めたにもかかわらず、5カ月後に同規模の流出事故が起きても基地側が報告しなかったことが明らかになった。【川上珠実】


(毎日新聞)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス