地域

バーガー1万人頬張る 「3S cafe」優勝 宜野座でフェスタ

グランプリに輝いた3S cafeの「KADENA BURGER-極-2015ver 黒毛和牛の牛すじ ミートソースチーズバーガー」(宜野座村観光協会提供)

 【宜野座】県内11の飲食店が県内各地のご当地バーガーを競い合う「第3回沖縄バーガーフェスタ2015INぎのざ」(主催・同実行委員会、共催・村観光協会、琉球新報社)が29日、宜野座村の漢那ダム湖畔公園で開催された。審査員と来場者で決めたグランプリには3S cafe(嘉手納町)の「KADENA BURGER-極-2015ver 黒毛和牛の牛すじ ミートソースチーズバーガー」が輝いた。同店は来秋に鳥取県である「全国ご当地バーガーグランプリ」の出場権を得た。

 村内外から約1万人(主催者発表)が集まった。各出店の前には数十分待ちの列ができるほど盛況だった。
 中城村から親子3世代で訪れ、5種類のバーガーを分け合った森村音羽(とわ)さん(8)と弟の輝音(あきと)君(5)は「目玉焼きが入ったバーガーがおいしかった」と声をそろえた。
 2位と審査得点1ポイント差で制した同店の岩城達也代表(38)は「バーガーで町おこしをしている。ぜひ嘉手納の新町商店街に遊びに来てほしい」と呼び掛けた。審査委員長で全国ご当地バーガー連絡協議会の柄木孝志会長は出場者に「沖縄のレベルは高い。地域の食文化になり得る取り組みをしてほしい」と話した。


木陰でご当地バーガーを楽しむ家族連れ









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス