教育

Vol.18 交通改革(上) 県民が暮らしやすい仕組みって? 新しい学びと入試改革に対応するMANALAB★


プレビュー
 

 



 新しい学びと入試に対応する力を付ける「新報まなラボ」。今回(3月12日付け)のテーマは「交通改革(上) 県民が暮らしやすい仕組みって?」

 皆さんの通学方法は何ですか? 日々の暮らしで欠かせないのが、交通です。しかし、沖縄の道路は慢性的な渋滞が課題です。車の運転をしない・できない人もいます。人口が少ない地域に、交通網は行き届いているでしょうか? 県民にとって必要な交通の仕組みを考えてみましょう。

(次回は3月26日掲載)



掲載記事

鉄軌道推奨ルート決定

鉄道・バス利用 沖縄3・2% 過度な自家用車依存

自動運転バス 導入を検討

カーシェア 20年度にも開始

徒歩登校 全国一低く


MANALAB★研究員の視点

 各地域、各世代で使いやすいシステムは

 

《現役高校教諭・石川美穂先生からアドバイス》

 入試で求められる問題意識 新聞で論点見いだし、仮説立てよう

 




 使い方

★ 第2、第4月曜日の琉球新報「MANALAB★」のページを切り抜いてスクラップ。
 

プレビューを使ってチャレンジ

★ 自分の意見をノートにまとめる
★ 小論文を800字以内で書いてみる
★ グループディスカッションやディベートの題材に使ってみる
★ 各テーマの課題を解決する提案をプレゼンテーションにして、発表する