東京海上 契約解除も ジャニーズ性加害 企業に厳しい目


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川元社長による性加害問題を巡り、東京海上日動火災保険は7日、同事務所との広告契約の解除を検討していると明らかにした。事務所が同日開いた記者会見を受け、スポンサー企業からは性加害の事実に厳しい見方が相次いだ。
  (1面に関連)
 東京海上日動は2022年1月から事務所所属の相葉雅紀さんを広告に起用している。取材に対し「人権尊重の観点で、いかなる形態のハラスメントも認めない」と説明した。
 事務所所属の若手タレントを商品PRに活用している化粧品大手のコーセーは「いかなる性加害も絶対に許されるものではない」と非難する。今後のCM契約の是非は明言しておらず、「今後事務所が行う改革や取り組みをしっかりと確認しながら、適切に対応する」と説明する。
 アイドルグループ「なにわ男子」など多数のタレントを登用してきた森永製菓は「責任ある企業としてガバナンス強化を実現してもらう必要がある」と指摘する。
 ライオンの担当者は「CMに出演するタレントを応援したいが、契約の継続が性加害を容認することになるという指摘があることも認識している」と揺れる胸の内を明らかにした。